今朝のオーナーズフォレスト

おはようございます。

朝の巡回時には晴れていたのですが、明け方までは雨が降っていたようで、道路や植物の葉は湿っていました。

フキの葉などが出てきて、草むらはだいぶ鬱蒼としてきました。

ヤマボウシの花が咲いているのを見つけました。

着々と建築が進んでいるホンカログハウスです。

こちらは何の花でしょうか?小さくて可愛らしい花です。

花が終わって種を付け始めているモミジです。

以上、本日の巡回中の風景でした。

風が強いです。

おはようございます。

今日は風が強く、道路に木の葉や花弁がたくさん落ちています。

木々が風に吹かれて揺れています。

今日は土曜日ですのでホンカログハウスの建築工事は行われていませんが、一昨日と昨日でまた随分と工程が進んだようです。

オーナーズフォレスト内にクマザサの花が咲いているところがありました。クマザサは何十年に一度か花を咲かせて、その後枯れるのだという話を聞いたことがあります。

こちらはナラメリンゴフシ。ミズナラの枝に付いているので、クルミのような木の実なのかな?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これはナラメリンゴタマバチという小さな虫が作った虫こぶです。外国でも同じような例があるらしく、英語ではオークアップルと呼ばれているそうです。

 

ますます初夏の趣

おはようございます。

本日も朝から天気が良く、気温も昨日より高いので、ますます初夏の趣を呈して参りましたオーナーズフォレストです。

フジの花が咲いていました。

昨日開きかけていたレンゲツツジが完全に開花しました。

数日前からオーナーズフォレスト内の道路清掃を行っております。ホイールローダーで落ち葉を集め、残った細かい葉はエンジンブロアで飛ばします。管路用地の笹や雑草が伸びてきましたので、この後順次草刈り作業を行っていく予定です。

ペンション街区でヒカゲノカズラが繁っている法面を見つけました。

シダ植物ですが、地面を這って繁る様子はコケのようです。夏頃になりますと黄緑色の枝が垂直に出て胞子を飛ばします。ドライフラワーなどのアート素材に使ったり、金魚の養殖の産卵巣に使ったりすることもあるそうです。

小さい虫が道路を歩いておりましたので、よく見てみますとゾウムシでした。

顔を近づけましたら、死んだふりなのでしょうか、ひっくり返って動かなくなりました。

 

初夏の趣

こんにちは。

オーナーズフォレスト内は落葉広葉樹の上の方の枝からもだいぶ葉が出始めました。本日は気温もだいぶ上がり、春というよりも初夏の雰囲気となってきました。セミの声も聞こえ始めました。

ヤマツツジの花のピークの時期が過ぎ、今度はレンゲツツジの花が開き始めています。

クマザサの葉の緑色が濃くなってきたように思えます。

道路でカナヘビを見かけました。そういえば2、3日ほど前に細長い長方形にとぐろを巻いているヤマカガシも見かけました。

オーナーズフォレスト内の巡回を終えると服に卵を持ったカゲロウが付いていました。

元別荘オーナーH様

おはようございます。

このブログはオーナーズフォレストのブログでありますので、オーナーズフォレストとエンゼルフォレストについての記述や写真の掲載が主になっております。

でありますが、今回は以前オーナーズフォレストに住んでいらっしゃいました、H様についての記事を掲載させていただきたいと思います。

H様は現在いわき市在住でいらっしゃいまして、「ふる里の気」という団体を立ち上げて活動していらっしゃいます。

昨日はその「ふる里の気」のイベント「第2回里山の暮らし体験」が、いわき市暮らしの伝承郷で行われました。

いわき市暮らしの伝承郷は県立いわき公園内にある施設で、長い歳月にわたり連綿と受け継がれてきた先人達の生活様式・風習・技術などを将来に伝えていくことを目的とした施設です。施設内にはいわき市内に残っていた茅葺きの古民家が移築され、当時の状態が復元されています。古民家の周囲には田畑・池・広場・雑木林があり、かつての農村の風景が再現されています。そして常設展示室には当時の生活に使用されていた道具などが展示され、様々な民族資料を閲覧することが出来ます。

 

今回行われた「里山の暮らし体験」は伝承郷とふる里の気の共催事業とのことでした。

内容は、まず前回じゃがいもの作付けを行った畑に使用するたい肥を入れる箱作りを午前中に行い、昼食をはさんでシソとジャガイモの作付けを行いました。その後自然散策を行い、山菜(ミツバとフキ)を採りました。最後にご参加いただいた皆様にコシヒカリの苗と田んぼの土が配られ、持ち帰っていただいて容器で栽培する方法が説明されました。

再現された古民家の周囲で行う畑作業や山菜採りは、当時の様子が想像される格別の雰囲気がありました。

昼食は古民家の中でいただきました。囲炉裏や当時使われていた用具などがあり、当時の方の居住スペースを体感出来ました。

大正時代の物でしょうか?昭和初期の物でしょうか?

年代物の松下電器のアイロンもありました。

ふる里の気が主催するイベントは、伝承郷外で行うものもあります。ご興味のある方は、下記リンクから詳細をご覧ください。

http://nagai-furusato.com/

H様にはオーナーズフォレストで行われるイベントにご参加していただくこともあり、今後行われるイベントを主催していただくこともあるかもしれません。お会いする機会がありましたら、イベントの内容をリクエストしていただくと実現するかもしれません。

「いわき暮らしの伝承郷」についての詳細は下記リンクでご覧いただけます。

http://www.denshogo.jp/index.html

 

現在、特別展「古民家模型展パート4」が開催されており、全国の古民家を精密に再現したたくさんの模型が展示されています。オーナーズフォレストから1時間弱の大内宿にある古民家の模型も多数展示されています。

 

 

 

 

毎日森に変化があります。

おはようございます。

本日も朝巡回してきましたが、5月初旬ということで植物がどんどん成長していきますので、毎日変化があります。

いつものように総合フロントからオーナーズフォレストに向かって歩いていきましたが、途中にあるドッグヴィラログスィートコテージの前にある木の花が見事に咲いておりました。

そして植物だけではなく、ログハウスも日々成長していっております。

こちらはおそらくナナカマドの花です。

実がなるのは秋なのですが、花が咲くのは春と随分タイムラグがある木ですね。

ナナカマドの赤い実は結実してから何か月も腐らず木についたままですが、これは実に含まれるソルビン酸という成分のおかげだそうです。

 

 

明日から晴れそうです。

おはようございます。

ここ三日ほど雨の日が続いていますが、明日から天候が回復する模様です。

今日の巡回中の写真です。

これは何の花でしょうか?

こちらはモミジの花です。

随分整った綿毛を付けているフキがあったので撮影しました。

 

今日も雨です。

おはようございます。

昨日に引き続き、今日も雨が降っております。

巡回しておりましても、傘を持つ手が冷たくなり少し痛いくらいでした。

なんという木かは分かりませんが、写真のように白い花を咲かせている木がありました。

そして写真には撮れませんでしたが、スズメくらいの大きさで頭から背中が黒っぽい色で、羽ばたくと黄色い胴体が見える小鳥が地面近くを飛んで行くのを何回か見かけました。

そしてこちらは建築中のホンカログハウスでございまして、クレーンで吊り上げた外壁用の木材を積み上げ木槌で打ち込んでいるところでした。雨で足場が滑りやすい状況だと思われますが、勿論プロの仕事ですから万全な安全対策で作業されているのだと思います。

小雨が降っています。

こんにちは。

今日は朝から小雨が降ったり止んだりで、梅雨のような天気でした。

傘を差したり閉じたりしながら巡回しましたが、途中でおや?という風景を見つけました。

非常に分かりづらい写真になってしまったのですが、中央にピンク色の物が映っているのがなんとかお分かりになるかと思います。

今ちょうどこの近辺で見頃となっているヤマツツジの花です。ちょっと珍しかったのは、道路から森の中へかなり入って行ったところに咲いているという点です。ヤマツツジはだいたい道路沿いに生えているのですが、おそらくは日当たりや競合する植物とのかねあいでそうなっているのだと思われます。珍しく森の真っただ中で咲いているのは、なんらかの理由で上空が開けていて、笹薮も深くないからなのでしょう。

 

GW最終日

こんにちは。

GW最終日の本日ですが、朝から晴れておりますが暑すぎず、とても春らしい天気です。

GW途中で一度天候が崩れましたが、快晴の日が多く、春のバケーションを満喫出来た方が多かったのではないでしょうか。

こちらはさきほど巡回してまいりました時に撮影したヤマツツジの写真です。

ホンカログハウスが建築中の区画から、クラブハウス方面へ向かって50mほど歩いたところで咲いています。

もうしばらくしますと、この辺りにはオレンジ色のレンゲツツジの花も見られます。レンゲツツジには有毒なグラヤノトキシンなどが含まれている為、牛や馬に食べられないので、牧場で群生していたりすることもあるそうです。

ここから見下ろしたところにある「せせらぎ公園」の中の池からはたくさんのカエルの鳴き声が聞こえました。